Make your own free website on Tripod.com



おむすび ころりん(言葉の練習)

に、
山へを取りに行きます。
腰のには、おいしい
3個入っています。
一生懸命たきぎをとりました。
や!
い。
切り株に腰を下ろして、のつつみをあけました!「では、いただくと・・」
を取り出したときです。手がすべって、落としてしまいました。
は坂をどんどんころがっていきます!!
 「おーーい。やーい!」
ころころコロコロ 止まりません!
やっと追いついた時、
へ・・・ストン!と落ちてしまいました。あなの中をみましたが、何も見えません!「やれやれ、もったいない。」
すると・・・あなの中からかわいい唄がきこえてきます。
すっとんとん。すっとんとん!」 
それを聞くと、なんだか楽しくなりました。
楽しくなってきました!「もっと!うたっておくれ。」  はのこりのをつぎつぎとあなにころがしました。
ころりんすっとんとん。おもちをつきましょ すっとんとん!」 
楽しいうたがもっと聞きたくなりました。でも
もうは残っていません。あなに呼びかけました。「はもうないよう!」
す・る・と どうでしょう。すっとん!!
の体があなの中へころがりおちていきました。「じいさんころりん。すっとんとん!ころころりん!!」
あのうたがきこえてきました。
きがつくと・・、きれいなおおひろまでした。
たくさんの白いたちがでむかえます。
た!す。お正月がちかいので、をはじめたところです。」 は白たちと、うた・おどり・ごちそうを楽しみました。「さん!きょうはありがとう。そろそろかえります。」 「じゃぁ、おみやげを!どうぞ!」
のまえに2つのつづらを運んできました。「おおきなつづら。ちいさなつづら。どっちがいいですか?」
としよりだから・・・、小さなつづらをいただきますよ。」それから、白はしっぽをににぎらせて「さあ!目をつむってください。」「はいはい。目をつむりましたよ。」 気がつくと、いつのまにかあなのそとにいました。
家でかえりをまっていたも、「まぁ、楽しそうですね。」おみやげのつづらをあけて、2人はびっくりしました!なんと・、こばんがたくさん入っていたのです。

(「あなの中」「そろそろ」がうまく言えない。後半うまくしゃべれない!) 
のくぎりで読んで練習してください!
。。絶対に。。」

愛が無くても ”愛の献血”
(ウォームアップ)